ボディインハート
2018 年 1 月
« 12 月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  • Category

    ☆カテゴリー☆

  • « 七つの寝ポーズ 片膝捻りのポーズ | 2018年明けまして🎊ございます »

    2017.12.22

    七つの寝ポーズ 橋のポーズ

    さあ、七つの寝ポーズ最後のポーズ「橋のポーズ」です。

    年内に七つ全部このブログに書くことができました(^^♪

    このポーズは他の六つのポーズがどちらかと言えば体をほぐす動きなのに比べて
    これは、体幹をを鍛え、姿勢を正す要素の強いポーズです。

    行い方
    ①仰向け寝転び
    ②左右両方の膝を立てます(曲げます)。
     この時の脚の間隔は腰幅くらいの位置にしてください。
     腰幅というと、割と広めに開く人が多いですが、
     お尻の幅とほぼ同じくらいです。(そんなに広くありませんよね)
     そして、かかとは少しお尻に近づけるようにしてください。
     でも、股関節や穂座関節や脚の筋肉が硬いと、近づけるのが難しい場合があります。
     そんな場合は、あまり気にしないで大丈夫です。
     あくまで、ここに書いているのは大方の基本です。
     自分のからだに相談しながら行ってください。
    ③②の体勢で息を吐きます。
    ④吸いながら、背骨の骨(脊椎)を下から順番に一つずつ上げていきます。
    ⑤吐きながら、今度は上から順番に下していきます。
    ⑥これを3~10回くらい繰り返してください。

    注意
    *①上げはじめる前に、しっかり足裏全部で床(地面)をしっかり踏みしめてください。
     つま先を上げないように。足の指を曲げないように。
     腰や膝、肩や、首に余分な力をかけないように。
     背骨の下の尾骨、、肛門、丹田、会陰部、下腹、お腹の奥に意識を集めようとしてみるといいです。
    *②①で意識した力をずっと保ちながら、上げ下げを行ってください。
     どこまで上げていいのか(腰を反らしていってもいいのか)聞かれることがありますが、
     ①の力を維持したまま上げることが上げることができるところまでです。
     反らそうと頑張ろうとしなくてもいいです。
     背中全体の反らす力を高めるために行うときは、できるだけ上げようとする行い方もありますが、
     その場合も、①の力はぬかないでください。
     また腰だけ反らすのではなく、全身を協力させてください。

    コツ
    ☆「橋」になりきってください。
    橋は人が車が動物が渡るためにあります。
    ぐらついていては、危なくて渡れません。
    上げ下げして動いても、ふらつかないように。
    これがこのポーズのコツです。

    さあ、始めましょう!
     

    コメント & トラックバック

    トラックバックは閉じられてます。Trackback are closed.

    (まだコメントはありません)


    コメント





    XHTML: 下記のHTMLタグが使えます
    <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>