ボディインハート
2017 年 7 月
« 6 月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  • Category

    ☆カテゴリー☆

  • ホーム > ブログ

    2017.06.06

    七つの寝ポーズ 三日月のポーズ②

     仰向け三日月のポーズの行い方

     

    まず仰向けに寝転びます。

     

    ①両脚を伸ばしたまま揃え、

    ②両腕は万歳をします。(天井に向けないでくださいね)

    ③右手で左手首をつかみ

    ④吐きながら上半身、

    ⑤吐き続けて下半身を右側へ伸ばしていきます。

    ⓺吸いながら元の位置に戻し

    ⑦持ち替え

    ⑧吐きながら反対側も同じように行います。

     

    注意点

    *右側へ伸ばすとき、背中は浮かせないようにします。

     特に反対側の背中(この場合は左)が浮きやすいので注意します。

         頑張って伸ばそう伸ばそうとすると浮いてしまいます。

         頑張らないでください。

         浮かなくても頑張りすぎると、伸びの気持ちよさは感じられず

         しんどいだけのポーズになります。

         伸ばそうとしなくても

         手首を持ち、反対に持っていくだけで

         体側はのびます。

     

    *脚は揃えているほうがいいです。

      揃えたままできる範囲でいいです。

     

    *腕が上がらない人(結構多いです)

    は、上げなくても大丈夫です。

     

    *顔の向きはどちらを向いていてもいいです。

     向きによって感じ方が変わるので

     色々試してみてください。

     

     

    よく言いますが

    私(指導する側)の言うことだけでなく

    自分のからだが言う声にも耳を傾けてください。

    ヨガはこれだけが絶対正しいやり方です。

    ということがありません。

     

     

     

     

    2016.11.15

    七つの寝ポーズ 仰向け三日月のポーズ①

     

    七つの寝ポーズ五つ目は

     

    仰向け三日月のポーズ

     

     

    三日月のポーズは

    他のヨガ教室では

    立ってすることが多いですが

    BODYinHEARTでは

    寝っ転がって行います。

     

     

    寝転がってするので

    かなり

    リラックスでき

    私は大好きなポーズです。

     

    よく

    このまま寝てしまいます。

     

    と、

    他の人に言ったらびっくりされました。

     

    伸ばそう伸ばそうと

    頑張るので

    気持ち良いなんて中々で

    まして寝てしまうなんて考えられない。

     

     

    ヨガは

    頑張らなくていいんです。

     

    伸ばそうとか

    曲げようとか

    反らそうとか

    治そうとか

    痩せようとか

     

    もしなくていいんです。

     

    でも

    やっぱり

    早く成果はだしたいです。

     

    私も

    いろんな効果を期待してヨガを始めました。

     

    でも

    いつの間にか

    あんまり

    効果を気にしなくなって

     

    そのうち

    あれ?

    生理痛がない。

    あれ?

    頭痛が消えててる。

    あれ?

    イライラが減った。

     

    でも

    まだ

    時々肩は凝るなあ。

    腰の硬いのもあるなあ。

     

    食べすてしまったな。

    言い過ぎてしまったな。

     

    ま、

    よしとしよう!

     

     

    こんな感じで続けています。

     

     

    三日月のポーズの行い方は次回に紹介します!

     

     

    2016.11.03

    七つの寝ポーズ 内倒し③

     

    今日はこの内倒しの効果と注意点について

     

    前回

    効果は人、その時によって違うので

    まずはやってみて確かめるのもいいでしょう

    と書きました。

     

    どうでしたか?

     

    無理せずできましたか?

     

    どこに刺激を感じました?

     太ももに刺激を感じた人

      太ももの筋肉の使い過ぎかもわかりません。

       自転車の乗りすぎではないですか。

      下半身に少し多めにお肉がついているかもわかりません。

     

    腰に刺激を感じた人

      腰痛はありませんか?

      骨盤周辺がこわばっているのかも。

      便秘や下痢になっていませんか。

    子宮、膀胱に刺激を感じた人

      生理痛はありませんか。

      冷えで夜寝れないということは。

     

    膝に刺激を感じた人

      腰の緊張がひどいのかもしれません。

      歩きすぎの可能性も。

      肩こりはないですか。

     

     

    まだまだ

    いろんな場合が考えられます。

     

    それぞれに効果を表します。

     

    くれぐれも無理は禁物。

    膝が床につかないからと言って

    力任せにつけようとしてはいけません。

    反動つけるのも控えましょう。

    呼吸に合わせて

    観察しながら

    聞きながら

    感じながら

     

     

     

     

    質問あれば

    聞いてください!

     

     

     

     

    七つの寝ポーズ 内倒し②

     

     さあ

    今度こそ脱線しないようにします!

     

    「内倒し」

     

    左右の膝を立て

    腰幅より広めにあしを開きます。

    呼吸を吐きながら

    右膝を内側へ倒します。

     

    (きっと解剖学とか勉強している人には内転とか内旋とか

    言うほうがよく伝わるんでしょうが。

     

    分かりやすく言うと、

    あぐらの脚の形と反対みたいにします。

    う~ん、余計わからない?

    三角みたいな、くの字みたいなのです)

     

    顔はこの時、脚と反対側を見ます。

    次に吸いながら

    戻し(戻すのも丁寧に行います)

    反対も同じようにします。

     

    これの繰り返しです。

     

    効果は色々あります。

    次回に効果を書いていきますが

    実は

    その人によって

    その時によって

    出てくる効果は違います。

     

    一度やってみて

    確かめてみてもいいでしょう!

     

    でも

    くれぐれも

    無理しないで

    形にこだわらないでください。

     

     

     

    2016.10.24

    七つの寝ポーズ 内倒し

     

     やっと七つの寝ポーズの四つ目になりました。

     

    小さいころ

    おじいちゃん子だった私は

    4とういう数字を使うのをためらいました。

     

    4はシ 死につながるから縁起が悪いと教えられていたからです。

     

    今は平気で使います。

     

    シは幸せのシです。

     

    というか

    死は生まれたら必ずいつかやってきます。

    総べてのものに平等に。

     

    ヨガの一番大事なアサナのシャバアサナは

    日本語になおすと屍のポーズ、死体のポーズです。

     

    シャバアサナによって

    すべてのアサナが生きてきます。

     

     

     

    ヨガ自体も

    死の集まる場所

    お墓で生まれたという説があるくらいです。

    (私たちがイメージするようなお墓ではありませんが)

     

     

    死は終わりではなく

    始まりにつながります。

     

    と、言いながら

    まだまだ死ぬのは怖いし

    やりたいこともたくさんあるので

    一生懸命生きています。

     

    死は急に訪れるかもしれません。

    それでも、怖がりすぎずに

    やっぱり一生懸命生きていくしかありません。

     

     

     

    あ~

    内倒しから

    思い切り脱線しました。

     

    本題は

    またの機会に!

     

     

     

    次へ »