ボディインハート
2018 年 1 月
« 12 月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  • Category

    ☆カテゴリー☆

  • ホーム > ブログ

    2017.12.22

    七つの寝ポーズ 橋のポーズ

    さあ、七つの寝ポーズ最後のポーズ「橋のポーズ」です。

    年内に七つ全部このブログに書くことができました(^^♪

    このポーズは他の六つのポーズがどちらかと言えば体をほぐす動きなのに比べて
    これは、体幹をを鍛え、姿勢を正す要素の強いポーズです。

    行い方
    ①仰向け寝転び
    ②左右両方の膝を立てます(曲げます)。
     この時の脚の間隔は腰幅くらいの位置にしてください。
     腰幅というと、割と広めに開く人が多いですが、
     お尻の幅とほぼ同じくらいです。(そんなに広くありませんよね)
     そして、かかとは少しお尻に近づけるようにしてください。
     でも、股関節や穂座関節や脚の筋肉が硬いと、近づけるのが難しい場合があります。
     そんな場合は、あまり気にしないで大丈夫です。
     あくまで、ここに書いているのは大方の基本です。
     自分のからだに相談しながら行ってください。
    ③②の体勢で息を吐きます。
    ④吸いながら、背骨の骨(脊椎)を下から順番に一つずつ上げていきます。
    ⑤吐きながら、今度は上から順番に下していきます。
    ⑥これを3~10回くらい繰り返してください。

    注意
    *①上げはじめる前に、しっかり足裏全部で床(地面)をしっかり踏みしめてください。
     つま先を上げないように。足の指を曲げないように。
     腰や膝、肩や、首に余分な力をかけないように。
     背骨の下の尾骨、、肛門、丹田、会陰部、下腹、お腹の奥に意識を集めようとしてみるといいです。
    *②①で意識した力をずっと保ちながら、上げ下げを行ってください。
     どこまで上げていいのか(腰を反らしていってもいいのか)聞かれることがありますが、
     ①の力を維持したまま上げることが上げることができるところまでです。
     反らそうと頑張ろうとしなくてもいいです。
     背中全体の反らす力を高めるために行うときは、できるだけ上げようとする行い方もありますが、
     その場合も、①の力はぬかないでください。
     また腰だけ反らすのではなく、全身を協力させてください。

    コツ
    ☆「橋」になりきってください。
    橋は人が車が動物が渡るためにあります。
    ぐらついていては、危なくて渡れません。
    上げ下げして動いても、ふらつかないように。
    これがこのポーズのコツです。

    さあ、始めましょう!
     

    2015.07.18

    七つの寝ポーズ 赤ちゃんのポーズ

     

     七つの寝ポーズで私がだいたい最初に行いたくなるのは

     

    赤ちゃんのポーズ

     

    これは

    ママさんに聞くと

    ハッピーベビーのポーズとも言って

    赤ちゃんがご機嫌の時によく行う動作だらしいです。

     

    行い方は

    両膝を立て

    それを両腕でかかえ

    その太ももをお腹に引き寄せ

    ゆらゆらゆらゆら

    普段縮みがちな腰からお尻が伸ばされて

    気持ちいいポーズで

     

    本物の

    赤ちゃんに負けないくらい幸せな気持ちになります。

     

     

    が、

    しかし、

     

    そう

    人それぞれ身体の硬さや柔らかさ

    肉付き

    筋力などがちがいます。

     

    なので

    みんながみんな

    このポーズが気持ちいいとは限らない。

     

    そこで

    ちょっと工夫してやってください。

     

    どう工夫するか?

    なんて私に聞いたって知りません。

     

    (なんて

    こんな冷たい事を言ってしまっていいんでしょうか)

     

     

    だって

    人それぞれ違うから

    一番自分の身体の事を分ってるのは自分なんです。

     

    とは

    言っても

     

    ヨガ歴33年

    ヨガ指導歴30年

    と、ヨガに関しては

    ベテランの私なので

    色々ヒントを捻出してみます。

     

    肩が痛かったら腕は使うのやめましょうか。

    腰の骨が痛かったら舌に座布団敷きましょうか。

    頭を上げましょうか。

     

    こうやって

    ちょっと変えながら

    身体の変化を観察してみましょう。

     

    ハタヨガは

    身体を観察するヨガ

    心も呼吸も

    当然身体も

    時にはよそからのアドバイスも

    フルに活用して

    注意深く

    時にはぼーっと(このぼーっとがいいんです!)

    やってみましょう。

     

     

     

    ☆赤ちゃんポーズの効果

    腰の柔軟性を取り戻し、腰痛の予防

    お腹の引き締め

    背中の強張りをとる

    便秘解消

      等と言われますが

    実はこれも人それぞれ

    同じ人でも時によって変わります。

     

     

     

    2015.07.16

    七つの寝ポーズ

     

     BODY in HEARTでは

     

    七つの寝ポーズを中心にヨガをしていく事が多いです。

     

    前にも

    この七つの寝ポーズについて

    書きかけたんですが

    途中までになってしまいました。

     

    今度は

    少しずつでも

    ちゃんと書いていきたいなと思っています。

     

    (必ず書きます!と言わないところが私らしい…)

     

    この寝ポーズは

    名前がかもしだす雰囲気通り

    ゴロゴロ楽な動きを行っていきます。

     

    楽なので

    続けやすい!

     

    ヨガは

    まず続けることが一番!

     

     

    ぜひこの煉ポーズを行ってみてください。

     

     

    詳しくは次回!!

     

    2013.05.26

    ヨガマット

     ヨガは身一つでできる。

    ヨガ用のウエアーやシューズも(動きやすければOK)
    特別な器具もいらない。

    ブロックやいろんな道具を使えば
    よりやりやすく取組みやすくはなる事もあるが、
    なくても問題はなく、
    わざわざ購入しなくても
    あるもので活用することもできる。

    そんな気軽さが
    ヨガの魅力の一つ。

    ただ

    「ヨガマット」
    そう
    「ヨガッマト」
    教室では
    ヨガマットはほぼ必ず使っている。

    実はこのヨガッマット
    今ではポピュラーにはなっているが、

    私がヨガを始めたころは
    ほとんど使われていなかった。

    畳の上や
    絨毯の上
    もしくはフローリングの上などで行っていた。

    なので
    ポーズにより
    骨が床にグリグリ。
    痛くて集中できない。
    気持よくない。

    (座布団や
    毛布等敷いてもしっくりこない)

    で、ヨガマットなるものが出来てからは
    私のヨガ生活はかなり快適に!!

    ただ
    ヨガマットの最大の欠点(と、私は思っている)

    どうしても
    そのマットの中で動こうとしてしまい、
    窮屈な動きになることが多い。

    小学校の時
    机に線書いて
    ここからでてはいけない。って
    感覚ににてるのかな。

    別にはみ出てもいいのに、
    はみ出たら気持ち悪くて
    マットのなかだけで動こうとするから
    硬ーい動きに。

    そこで
    昨日は
    マットなしでレッスン!

    幸い
    うちの教室は
    コルクマットをっ敷いているので
    そこまで骨が痛い。ってことはないはず。

    早速ヨガマットなしで
    レッスン開始。

    お~

    教室が広々。

    心なしか
    涼しげにも感じる。

    自由な雰囲気で
    心地よい。

    が、
    しかし
    レッスンが
    終わって

    掃除が大変なことに気が付く。

    しかも
    下のコルクマットが早くいたみそう。

    今日は
    ヨガマットのレッスンに戻った次第であります。

    2013.05.13

    マユラアサナ クジャクのポーズ

     今月のポーズはクジャクのポーズ(マユラアサナ)

     

    難易度の高いポーズなので

    実はこのポーズができるようになるのが主な目的ではない。

     

    とういうか

    自宅で一人で

    このポーズはしないで。

     

    とういくらい

    頑張ったら

    どこかを痛めてしまう恐れのあるポーズ。

     

    では何故今月このポーズなのか?

     

     

    ちょっとここらで

    苦手なことにとりくんでみよう!

    とうのが大きな目的。

     

    子どものころは

    ・算数が、国語が苦手でも

    一週間の授業の中に必ずでてくる。

    ・人前で話すのが嫌でも、

    たまに学級会やらなんやらで無理やり話さないといけない時間を作られる。

    ・音痴で恥ずかしくても、

    強制的に歌わされる。

    ・運動ができなくても

    毎年一回は運動会に参加しないといけない。

     

    こう書いてしまうと

    嫌なこといっぱいのようだけど

    いやいや、結構楽しい思い出でにもなっていて、

    役にたっていることも多い。

     

    でも

    大人になると

    どうしても苦手なことは避けがちで

    得意なことに偏ってしまいがち。

     

    それはそれで

    いいのかもしれないけれど

    そればかりだと

    自分の持っている可能性を小さくしてしまうのではないかな?

     

    なので

    嫌がらないで

    恥ずかしがらないで

    怖がらないで

    面倒くさがらないで

    しんどいしんどいって言わないで

     

    まあ

    ぼちぼち

    苦手なことに

    笑顔で立ち向かっていきましょう!

     

    とういう

    大きな目標を隠し持った今月のポーズなのです。

     

    だから

    このポーズの形を追って頑張らないで

     

    ポーズの過程を楽しんでみましょう!

     

     

    一応行い方を書いてはおきます。

     

    四つん這いになって

    手首を逆手にして床に掌をつける。

    両肘をくっつけてお腹にあてて

    両脚を床から浮かす。

     

    注!

    これを読んでしようとは決してしないでください!

     

    結構難易度の高いポーズなので

    できてもできなくても全く構わない。

     

    まず手首が逆手につけない。

    ここはクリアしても肘がお腹につかない。

    お腹についたとしても両肘が揃わない。

     

    ここまでできない人は

    手首だけでなく肩甲骨や背中、首が硬くなっている人が多い。

    まずはその辺りをほぐす動きを毎日続けると

    (⇒ストレッチや腕立て伏せも効果的)

    変化が現れる。

     

    ここまで

    スムーズにできるようになったら、

    次は

    バンダを意識して

    腹筋、背筋、腕の力をバランスよく使って

    上半身を前進させていく。

    怖がらずにもう少し前進。

    すると、

    脚が浮いていく!…かもしれない。

     

    なんてなかなかうまくはいかない。

     

    ので

    何回も言いますが

    ここでも

    マユラアサナをしようとはしない。

     

    四つん這いのバランスポーズを毎日コツコツしてみるのがお勧め。

     

      早く成果をだそうと欲を出さないこと。

      毎日毎日コツコツ続けること。

     

     

     

     

    次へ »